道の駅日義木曽駒高原と駒ケ岳:トップイメージ

ゆったり随一の広さ。旬の食材、ここにしかないメニュー!

「木曽路」随一のゆったりした駐車場スペースを備える道の駅「日義木曽駒高原」。木曽路の旬の地元農家の採れたて食材や、木曽路の特産品が豊富に集まっており、期間限定のイベント・フェアも行っている活気のある元気な道の駅です。また、館内のお食事処「巴(ともえ)」では話題の食材を使用したここだけでしか食べれない人気のメニューをご用意しています。ぜひ、お立ち寄りくださいませ。・・・「駅長より」はこちら

木曽ショップへ 道の駅日義木曽駒高原おすすめ品の紹介ページへ ささりんどう館ポイントカード
  • 周辺観光のご案内ページへ
  • ヤフー!お天気情報ページへ
  • 南信州道路情報ページへ

駅長より

  • 木曽町にある木曽最大の広さを誇る道の駅「日義木曽駒高原」は、木曽駒ケ岳が美しい国道19号線沿の木曽路(旧中山道)にあり、ゆったりとした大駐車場(身障者専用有り)トイレ(身障者専用有り)を完備しています。当道の駅のささりんどう館正面入口横では、地元農家の採れたて食材や、木曽路の特産品の販売もしております。ささりんどう館内のお食事処「巴(ともえ)」では、ここだけにしかない話題の「すんき」(※1)を使用した「すんきトン丼」や「すんきカツカレー」「すんきそば(12月~3月)」、木曽のブランド牛を使用した「木曽牛コロッケ定食」、「権兵衛大力そば」などのメニューをご用意しております。
    木曽路の観光は、木曽御嶽山や赤沢美林(赤沢自然休養林)、寝覚の床、妻籠宿、奈良井宿、木曽の里(開田高原)、木曽町の木曽義仲館などめじろ押しです。木曽路(国道19号線)にお出かけの際はぜひ道の駅「日義木曽駒高原」にお立ち寄り下さい。

    (※1)木曽路の名物、話題で人気の塩を使わない珍しい漬物「元祖すんき(冬期間)」の販売(通販)はこちらの木曽ショップへどうぞ!
space
道の駅日義木曽駒高原について
駐車スペースは普通車76台・大型車7台
身障者専用駐車スペース3台と専用スロープを完備
情報ボックスを設置
道の駅日義木曽駒高原の特徴ページへ
木曽特産品のご案内ページへ
施設案内マップページへ
ささりんどう館ページへ
お食事処「巴」ページへ
アクセス
広域マップ
道の駅日義木曽駒高原への詳細マップページへ
お知らせ
■GWは花満開!!ただ今、桜も梅もコブシもツツジも咲き競っております!!
春の訪れが例年に無く遅かった木曽路。ようやく当駅周辺の桜も満開状態となりました!!背景の木曽駒ケ岳は3日ほど前に降った新雪で、山肌も隠れ再度の雪化粧状態です。現在、当駅から望む、桜と背景の木曽駒ケ岳は絶好の撮影ポイント。 中山道中間地点の石碑がある「ささりんどう館」南側の小公園には、連日多くの観光客の皆様がカメラやスマホでシャッターを押しております。 傍らの「義仲、巴御前、顔出し看板」で撮影するファミリーも増えてきました。駅周辺は梅、コブシ、ツツジも一斉に咲き競っております。GW後半には駅構内の名物「紅白咲き分け花桃」も開花が予想されております。 GWに木曽路へお越しの方は、ぜひお立ち寄り景色をご堪能ください!OLYMPUS DIGITAL CAMERA
■1月22日(日)10:30~「すんき汁振る舞い」開催します!<200食限定>
先週悪天候のため延期となりました「すんき汁無料サービス(振る舞い)」10:30~14:00<限定200食>が開催されます。   当日は道の駅駐車場の一角、「ふれあい情報交流館」前において、イベントスタッフが炊き出し用大鍋で調理・振る舞いを行います。 この催しは「すんきde元気フェア2017」の一環で、「木曽町商工会日義支部」主催、当駅及び「ふるさと体験館木曽福島」のタイアップにより実施するイベントです。   すんき汁は「からだに非常に良い」と注目されている、植物性乳酸菌を豊富に含む木曽の郷土食「すんき」がタップリ入った味噌汁です。 地元木曽では、冬場のごく一般的な味として、多くの家庭で毎朝のように食べられてるものです。乳酸菌が醸し出す独特のまろやかな酸味が最大の特徴です。酸味でカラダが芯から温まり、胃腸にも、アレルギー体質改善にも良い。といわれるその味をぜひお試しください。   *昨年の状況から↓ OLYMPUS DIGITAL CAMERAIMG_603411.すんき←道の駅で販売中!「木曽すんき」(250g)480円
■1月10日(火)~3月末 火曜定休を開始します。(ささりんどう館=売店・食堂及び旬彩工房) 
今年も1月10(火)から3月末までの冬期間、道の駅「ささりんどう館=売店・レストラン」及び農産加工施設「木曽駒旬彩工房」が火曜定休となります。 4月~12月は無休営業となりますので、しばらくの間お客様にはご迷惑をおかけしますがご承知ください。
■年末年始の営業と「新春初売り」のお知らせ
今年も残すところあと僅かとなりました。この一年間、多数のお客様に当駅をご利用いただき、誠にありがとうございました。 当駅の年末、年始の営業についてお知らせします。   ◆12月31日⇒ささりんどう館は売店のみ正午まで営業(食堂はお休みです)     ◆新年元旦・2日⇒年始休業(売店・食堂とも全館休業)※駐車場、トイレ、ふれあい情報交流館は24時間利用可。                                               ◇1月3日(火)・4日(水)⇒初売り<売店9:00~ 食堂10:00~> 新年初売りは恒例の、売店商品1,000円以上お買い上げのお客様には「運試し=招福スピードくじ」、食堂はすんきメニュー「オール500円サービス」でスタートさせて頂きます。           皆様ぜひお出かけください。多数のご来館をお待ち申し上げております。初売り詳細(こちらをご覧ください。)  
■12月1日~3月31日まで 冬期営業時間となります。
当駅ご利用の皆様へ、冬期営業時間のお知らせ 12月1日~来年3月31日までの間「ささりんどう館」営業時間が変更となります。                     売店:午前9時~午後5時まで 食堂:午前10時~午後3時30分まで         あらかじめご承知くださるようお願いいたします。 本年の営業は12月31日正午まで、新年元旦~2日は年始休業とさせていただきます。 新年の営業は1月3日(火)から、初売りは3日、4日を予定しております。
■すんきの季節到来!12月1日~新そばで味わう、純自家製「すんきそば」開始します。
当駅のお食事所「巴」では、木曽伝統の冬の味「すんき(植物性乳酸発行食品)」がタップリ入った自慢の純自家製「すんきそば *新そば使用」を12月1から開始します。  非常に多くの皆様から「非常に美味しいそばですね!」との高評価をいただいている自家製粉の木曽産そば粉100%使用そば。当駅自慢の石挽き自家製9割そば=権兵衛そば、とこちらも自家製(当駅農産加工場「木曽駒旬彩工房」製)の「すんき」で味わう「すんきそば」は12月から雪解けを迎える4月頃まで、「巴」の超人気メニューとなっております。        長く厳しい木曽路の冬の訪れ。今年も乳酸菌の宝庫、まろやかな酸味が病み付きになる味「すんき」と木曽独特の冬メニュー「すんきそば」が皆様をお迎えします。 11.イメージすんきそば すんき皿盛り - コピー - コピー
■権兵衛いも(げんこつ次郎・ねばり太郎)好評発売中!
11月5日開催の「権兵衛いも収穫祭」。地元信州はもとより関東圏、関西圏、中部、東海、北陸からも多数のお客さんにもお立ち寄りいただき、おかげさまで盛況に開催できました。 皆様大変ありがとうございました。 当駅直売所の人気特産品「権兵衛いも」。収穫祭後も毎日、当駅登録の山芋生産者(大半はエコファーマー)が出荷して、売れ行き好調です。 「権兵衛いも(当駅特産の各種山芋の総称です。)」は当駅が「日義道の駅生産物出荷組合」を通じ特産化を進めてきた、粘りの強い山芋です。直売所の夏の人気商品は特産の「どでかコーン優作」ほかのスイートコーンですが、寒さの厳しい冬場の木曽では野菜の栽培が困難となるため、秋~春までの地元産野菜として「権兵衛芋」の特産化を進めてきました。 IMG_1433写真:げんこつ次郎        現在、エコファーマーを中心に20戸ほどの組合員が栽培に取り組んでいる「げんこつ次郎」は長芋の倍以上の粘りがあります。とろろ汁の他、摺った芋をそのままスプーン等で熱した油に落とす「素揚げ(天つゆ・アジ塩等で食べるのがおすすめ)」、摺りおろしをそのままキャベツと混ぜて、フライパンやプレートで焼き塩コショウ等で食べる「お好み焼き」、摺りおろした芋に鶏肉、切った芋を混ぜ、だしつゆ、塩等で味を調え「茶碗蒸し」にする等々、アイデア次第で巾広く調理が可能です。                                            今年から「権兵衛いも」に試験的に栽培した新種「ねばり太郎(イチョウイモ系)」が加わりました。この芋は集荷量はわずかですが、げんこつ次郎の5倍、普通の長芋の10倍の粘りを持つ極粘の山芋です。とろろ汁には粘りの強いげんこつ次郎の4~5倍に薄めることをお勧めしております。皆様、「権兵衛いも」をぜひ一度ご賞味ください。
■11月5日(土)木曽駒高原特産「権兵衛いも収穫祭」開催します!!
11月5日(土)10:00~当駅恒例イベント「権兵衛いも収穫祭」を開催します。 <内容紹介>このイベントは木曽駒高原特産の粘りの強い山芋「権兵衛いも(げんこつ次郎)生産者直売会&お勧めレシピ試食サービス」がメインですが、「とれたて市」では東本大震災支援から始まった岩手県大船渡直送「鮮さんま」、交流のある三重県志摩市浜島(外湾漁協)直送のアッパ貝(緋扇貝)、サザエほかの海鮮販売を行います。 このほか「ひのきMY箸作り教室(無料体験)」があります。屋外販売所(味わい横丁)では「木曽牛たこやき(木曽牛A4A5肉入りたこ焼き)」「木曽牛メンチカツバーガー」「木曽ビッグコロッケ」「山賊焼き」「ブルーベリーソフトクリーム」「松茸弁当」等々、当駅オリジナルを盛り沢山に販売します。 館内食堂「巴」では木曽産そば粉100%の石挽き自家製粉の自家製ぞば「権兵衛伝説地粉そば」も全メニュー新そばとなりました、また、当日のみ20食限定で木曽名物の「すんきそば700円」も食べられます。11月から新メニュー「木曽牛(陶板)みそ焼き定食」、「ソースカツ丼」も開始しております。多数の皆様のご来場をお待ちしております。 【詳細はこちら⇒2016権兵衛いも収穫祭チラシ_初校PDFをご覧ください。】 きのこ汁振る舞い (1) content/uploads/2015/06/bfa4ee52935804d9ceade64651e6b89c.jpg”>MYひのき箸作り体験
■松茸・山きのこシーズンもいよいよ終盤!人気の松茸御膳も本日で終了いたしました。
今シーズンの松茸、山きのこもいよいよ終了か?でもまだシモフリシメジの入荷はほとんどない状態です。例年、シモフリシメジが売り場に沢山並びだすと秋の山の幸シーズンも終了を告げるのですが...?きのこ取りのプロも頭を傾げている状況です。今年は例年より山きのこの発生が10日ほど遅れ、通常は今月中旬には発生が止まる松茸も、随分量は少なくなったもののまだ入荷が続いる状態です。原因は日中の気温が20~25℃もあり、朝晩の冷え込みも例年と異なり0℃前後まで下がる日がほとんどなったためと思われます。しかし、いよいよ秋も深まり、今朝から気温が一気に下がり始めました。突然発生が止まる日は目前に迫っているものと思われます。 入荷が危ぶまれる状況となってきたため、今年初めての試みとして開始した、当駅の季節限定メニュー「松茸御膳」も本日を持って終了することとしました。3500円と当駅レストランでは一番高額なメニューにも係わらず、予約で遠方よりわざわざ足を運んで食していただいた方が多かったのには驚きました。厚く御礼申し上げます。皆様からいただいたご意見を大切に、駅開設以来、周囲の山々で採れた「松茸」を特産としてお客様をお迎えしている木曽駒高原駅として、来年は地元の皆様にも強力にPRしながら、より満足できる内容にステップアップしていきたいと思っております。来年をお楽しみに!!
■シーズン限定メニュー「松茸御膳」(一日限定10食*予約可)始めました!!
松茸、山きのこシーズン本格化!お客様から「どこかで昼時に松茸は食べられないか?」の声が非常に多いため、特産の地元松茸が毎日入荷する当駅なら可能なため、10月1日から食事処「巴」ではシーズン限定特別メニューとして、地元産松茸づくしの「松茸御膳」を始めました。 内容:5品[陶板焼き松茸、お吸い物、松茸ご飯、小鉢(山きのこ調理品等)、漬物] 特別価格:一人前3,800円 一日限定10食(券売機対応の短期特別メニュー※予約可)10月10日頃まで(注:松茸の入荷状況により、予告なく終了することがあります。) まつたけ御膳 ≪ 定型紙(A4) ≫

道の駅 日義木曽駒高原 「ささりんどう館」/長野県木曽郡木曽町日義4730-3(国道19号線沿)
TEL:0264-23-3644 FAX:0264-23-3645  営業時間:8:30~17:30(冬期12/1から3/31 9:00~17:00)

Copyright(C) Michinoeki Hiryoshi Kisokomakogen.All Rights Reserved.  Supported by Studio BREATH
Page Top